電話受付:10:00 ~ 19:00
FreeDial 0120-52-6376

薄毛改善4つのアプローチ

薄毛を“治す”ためのアプローチ

毛髪は、「毛球部」の一番深部にある「毛乳頭」から栄養を吸収した「毛母細胞」が増殖・分化を繰り返して作られ、成長しきったところで次第に抜け落ちていきます。その成長と脱毛のサイクルを毛周期(ヘアサイクル)と呼びます。

毛周期(ヘアサイクル)と
4つのアプローチ

毛周期(ヘアサイクル)には「成長期」「退行期」「休止期」があります。

毛周期のイメージ

「成長期」は、その名の通り毛髪が成長する期間です。通常、男性で2~6年、女性で4~8年といわれますが、薄毛の場合、期間が極端に短くなり、髪が太く長く成長しきれず、細く短い状態で留まってしまいます。

続く「退行期」は髪が抜け始める時期で、男女ともに約2~3週間。毛母細胞の分裂が弱まり、毛母細胞と毛乳頭が分裂し、徐々に毛髪が成長しなくなっていきます。

そして「休止期」は、毛母細胞が完全に細胞分裂を止めて毛髪の成長が止まる期間で、ブラッシングやシャンプーなどで毛髪が簡単に抜け落ちます。同時に、次の髪を成長させる準備を始める時期でもあり、通常、男女ともに約3~4ヵ月ですが、期間が長引くと次の毛髪が生えてこなくなります。

毛周期は男女差や個人差があるものの、一般的に4~7年周期で安定していますが、なんらかの原因によって乱れが生じると薄毛を感じるようになります。ですから、サイクルを正常に戻すために、各段階すべてにアプローチすることが薄毛の改善には不可欠なのです。

アプローチ1 頭皮改善

頭皮は「土壌」。頭皮環境を整えて毛周期を正常に。

植物の成長に土壌環境が影響するように、毛髪も「土壌」である頭皮の環境が整っていないと健やかに成長しません。毛穴に詰まった汚れや余分な皮脂などをそのままにしておくと毛根の活動が弱まって毛周期の乱れに繋がるため、治療を行っても思ったような効果が得られなくなります。

当院では、治療に独自開発のシャンプーとマッサージを取り入れています。HARG療法では薬剤を頭皮に直接注入するため、丁寧なシャンプーによって皮脂や汚れを洗い流すことで薬剤が浸透しやすくなるのです。

さらにマッサージは頭皮の血行促進につながります。頭皮の血行が滞っていると、髪の成長に必要な栄養が十分に行き渡らなくなってしまうため、マッサージは薄毛治療に大切な頭皮の環境を整えるために有効なのです。

HARG治療センターの独自開発薬用ヘアケアシリーズ

毛周期のイメージ

薬用HGヘアリバイタライジングシャンプー オイルコントロール設計で頭皮環境を正常化。過剰な皮脂・毛穴の汚れだけを除去しつつ、髪と頭皮の潤いをキープし、フケ・かゆみを防ぎます。

薬用HGヘアリバイタライジングコンディショナー 軟毛化した毛髪にハリ・コシを与え、ボリュームアップ。しなやかにまとまるので毛髪の絡み合いによる抜け毛も予防します。

薬用HGヘアリバイタライジング育毛ローション 弱った頭皮にしっかり浸透し、毛根に作用。抜け毛を予防し、毛髪の成長を促進します。

トリプルHARG成分(オオバモクエキス・イチョウノハエキス・クロレラエキス)とβーグリチルレチン酸を全アイテムに共通配合。

アプローチ2 発毛

毛髪の種である細胞を活性化し、「発芽」させるように発毛。

AAPE

毛周期の「休止期」が長くなると、次に生えるべき髪が生えてこないため、毛髪の本数が減ってしまいます。それを解消するには、種ともいえる細胞の活動を活発にし、発毛させる必要があります。

HARG療法は、幹細胞抽出AAPEに含まれる豊富な成長因子によって毛母細胞を刺激することで細胞分裂を活性化し、毛周期を「休止期」から「成長期」へと移行させることができます。

さらにAAPEは毛包幹細胞の働きも活発化させるため、毛包幹細胞自体が成長因子を分泌したり、分化したりするようになり、毛髪の生産ラインがフル稼働するのです。

発毛のメカニズム

AAPE 発毛のメカニズム

※幹細胞とは、さまざまな細胞に変化(分化)することで組織や器官をつくり、成長を促す細胞のこと。
現在、再生医療分野で注目を集めている最新の医療技術です。

アプローチ3 育毛

成長に必要な養分を補い、毛髪を太く丈夫に育てる。

毛周期の「成長期」が短くなると、毛髪が太く長く成長しきれなくなり、細く短い状態で止まってしまいます。植物を成長させるために養分が欠かせないように、毛髪の成長にも養分となる成分の補給が必要です。

HARG療法で注入するHARGカクテルは、AAPEと、育毛に有効な成分を詰め込んだ育毛メソカクテルを調合したものです。ビタミンB群やシスチンを主成分とし、コエンザイムQ10など多種多様な有効成分が含まれており、それぞれの成分が固有の効果を発揮しながら、さらに複合的に結びついて育毛を促します。

HARGカクテルの育毛成分

HARGカクテル

ブロメジル 血管を拡張することで栄養供給ルートを確保

シスチン 毛髪タンパクのケラチンを構成するアミノ酸

ビタミンB アミノ酸の代謝を助け、毛髪の成長を促進

ビタミンH アミノ酸の代謝を助け、毛髪の成長を促進

他ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10、グリシン、チロヂン等

アプローチ4 脱毛抑制

毛髪を保護し、抜け毛を防止する。

長い休止期を終えたばかりの毛髪は細く弱い状態。植物を枯らさないように優しく保護するのと同じく、毛髪もしっかり成長するまで抜けないように育てることが重要です。

AGAなど、薄毛そのものの原因が「脱毛しやすい」人の場合、発毛しても、脱毛量とのバランスで効果が感じづらいこともあるようです。そのようなケースに対応するために開発されたのが、毛髪が抜けずに強く育つよう、脱毛抑制を目的に生まれた当院独自のHARGENONスプレーです。

オリジナルスプレーは、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑制するCopperTripeptide-1、脱毛を促すタンパクをブロックするDKK1ブロックタンパクなどの成分を含んでいます。抜け毛防止効果のある薬剤としてはプロペシアが有名ですが、副作用があるため女性には使用できません。しかし、オリジナルスプレーなら男女問わず使用可能です。

脱毛の原因をブロック
HARG療法開発者 HARG治療センター総院長 福岡大太朗
ドクター福岡の薄毛解説

ここがポイント!
薄毛にトータルアプローチできるHARG療法

当院HARG治療センターでは、薄毛の4つのアプローチを網羅するHARG療法の核のひとつであるHARGカクテルに大きな違いがあります。

通常使用されるものは多くの人に効果が現れるよう、平均化した成分で構成されていますが、当院の「Dr.福岡スペシャルHARGカクテル」治療では、患者さまお一人おひとりを診察した上で、それぞれに最適な成分をオリジナル処方によって調合しています。

このように、ひと口にHARG療法といっても、その内容や技術には差があります。また最近では、類似の施術や成分を謳っている治療や、AAPEを使用しながらも必要な成分量を含まず、いわば“水増し”して使用する例などが報告されています。

当院は、より安全で効果の高いトータルアプローチの薄毛治療を目指し、真摯に治療に当たっています。

薄毛解説コンテンツ

抜け毛が多いと薄毛?
抜け毛が多いと薄毛?
薄毛改善4つのアプローチ
薄毛改善4つのアプローチ
AGA治療徹底ガイド
AGA治療徹底ガイド
AGAとは?
AGAの原因
AGAの治療方法
薬剤による治療
植毛による治療
HARG療法
HARGが選ばれている理由
HARGが選ばれている理由
薄毛・AGAのよくある質問
薄毛・AGAのよくある質問
HARG治療センターについて
HARG治療センターについて

TOP